モチベーションクラウドと従業員満足度|企業の組織力を向上

メンズ

効果的な人事管理

PCを操作する男性

近年、モチベーションクラウドと呼ばれるものが世界的に注目を集めています。モチベーションクラウドというのは、組織人事コンサルティングを基に開発されたクラウドサービスです。モチベーションクラウドを用いることで、戦略的人事や人事データの活用、従業員満足度の向上を実現することができるでしょう。つまりは、総合的人事管理を行い、現場従業員のモチベーションの向上を図ることを目的としたクラウドサービスなのです。
従業員満足度の低下や、それに伴う離職率の高さというのは近年における企業にとっての大きな課題です。モチベーションクラウドを導入することで、その大きな課題を解決することができるでしょう。モチベーションクラウドが具体的にどういったものかというと組織状態の可視化・数値化を行い、その可視化・数値化した情報を基に人事管理におけるPDSサイクルを回すといったものになります。これにより、企業の組織力をより高めることができるようになり、従業員満足度の向上にも繋げていくことが可能です。PDSサイクルというのは、Plan Do See の頭文字を取った略称です。Planは目標設定及び改善プラン策定のことで、モチベーションクラウドによって可視化された組織状況に関わる情報を基に目標値の設定及び改善プランの策定を行っていきます。Doは、改善プランの実行を指します。つまり、Planの段階で決定した改善プラン策定を実行するアクションであり、モチベーションクラウドではそのアクションプランを容易に登録・確認することが可能です。また、そのプランアクションの進捗状況も各部門で確認することができるでしょう。Seeは現状把握のことを指し、ワークモチベーションに影響を与える様々な項目や属性を分析し、結果を算出します。その結果、効果的且つ効率的な組織変革が可能となるでしょう。

労働者のメンタルヘルス

オフィス

ストレス社会と呼ばれる現代において、企業に勤める労働者の離職率の高さは解決すべき課題となりました。その解決策として、ストレスチェック制度と呼ばれるものが50名以上の労働者が務めている全ての企業に義務されたのです。

詳しく見る

利便性の高いシステム

会社

企業における勤怠管理の方法として主流とされているものは、クラウド型勤怠管理システムもしくはオンプレミス型勤怠管理システムだといわれています。その内、クラウド型勤怠管理システムは利便性の高いものとなっています。

詳しく見る

企業内の情報を一元管理

レディー

企業内で発生する情報の量は膨大なもので、それらの情報は基本的に各部門の業務基幹システムにて管理されます。しかし、それでは部門間で情報共有を行う際に手間が掛かります。ERPパッケージを導入することで、その問題を解決することができるでしょう。

詳しく見る